スペシャルコンテンツ

ぶどうの木メニュー

スペシャルコンテンツトピックス01

トピックス01

フルコースの最後の一品を、
『ぶどうの木』が主役にしました。

今でこそ有名パティシエの皿盛りデザート専門店はめずらしくないですよね。1979年ぶどうの木がオープンした当時、本格的な皿盛りデザートと言えば、フランス料理のフルコースの最後に出されるもの。しかしフルコースを堪能したあとのデザートは、おなかがいっぱいってこと、ありませんか?パティシエが丹精込めてつくったデザートなのだから、それだけを主役に楽しんでもらうことだってできるはず。こうして生まれたのが、私たちのお菓子作りの原点、銀座『ぶどうの木』です。

ぶどうの木メニュー

パティシエがつくる、そのとき、その場所、その瞬間でのみ体験できる、できたてのおいしさを味わっていただきたい。皿盛りデザート専門店というそれまでなかった存在は、大変な話題となり、銀座では周辺の高級ブランド店と肩を並べる盛況ぶりでした。一人ひとりのお客様に合わせて食器を選んだり、クレープ・シュゼットを目の前で仕上げるフランベサービスの演出など、ぶどうの木ならではのサービスでお客様をお迎えします。

一覧に戻る

前へ

次へ

前へ

次へ

一覧に戻る

Page TopPage Top