スペシャルコンテンツ

スペシャルコンテンツ トピックス02

トピックス02

30年前の東京。
東京で一番のおみやげになりたい!

1989年 東京ばな奈の開発はスタートしました。30年前の東京を想像してみてください。代表的な東京みやげというと、何があったと思いますか?意外と思い浮かばないのではないでしょうか。そう、30年前には、「東京といえばコレ」というすぐに頭に浮かぶおみやげがなかった。グレープストーンはそこにビジネスチャンスを見出しました。


まず考えたのは、老若男女誰にでも喜ばれるお菓子。みんなが大好きなバナナで、「やっぱりバナナって、おいしいね」って言われるお菓子を作りたい!持ったら、しなって、揺らしたら、ぷるん、とするようなやわらかなお菓子。クリームは本物のバナナを使ったやさしい味わい。それを包むスポンジは焼き蒸してつくっています。なおかつ日保ちは1週間以上にすること。一つひとつを実現させるのは並大抵のことではなく、商品化までには3年以上が費やされました。こうして生まれた東京ばな奈は、1991年の発売から25年以上経った今でも売り上げが伸び続ける人気商品に。そして現在では、東京のおみやげに留まらず、日本のおみやげとして世界中の人達に愛されはじめています。

一覧に戻る

前へ

次へ

前へ

次へ

一覧に戻る

Page TopPage Top