スペシャルコンテンツ

販売の話の話メイン

販売の話の話01

販売の話の話02

販売の話の話03

スペシャルコンテンツトピックス07

トピックス07

足を止めるのは、「限定」ですか。
それとも、「外はカリッと中はふんわり」ですか。

グレープストーンの呼び込みは、「どうぞご覧くださいませ」などの漠然とした言葉はあまり使いません。私たちの売り場があるのは、大きな百貨店の中や駅・空港など、人の往来が激しい場所。人が店舗の前を通るのは一瞬です。その一瞬をめがけておくる言葉は、一言ひとことに必ず意味のある情報でなければならないと考えています。たとえば東京ばな奈なら、「東京みやげに、東京ばな奈いかがですか?」「バナナカスタードクリームいっぱいのスポォンジケーキです」「常温で1週間以上お日保ちいたします」といったもの。東京ばな奈に限らず、全てのブランド・商品ごとに特徴ある呼び込み文句が存在し、これらは一言一句、抑揚の全てにいたるまで、販売員の間で統一されています。

特徴ある呼び込み文句が存在し、これらは一言一句、抑揚の全てにいたるまで、販売員の間で統一されています。

この呼び込みや商品紹介のフレーズを考案しているのは、店舗の販売員たち。新商品の発売前には一斉に試食し、どんな風に紹介するか本社に意見が寄せられます。独特の食感を「サックリ」「サクッと」「サクサク」「ザックリ」のどれで表現するか、なんて非常に微細な部分まで、実は徹底的に考え抜かれているんです。

一覧に戻る

前へ

次へ

前へ

次へ

一覧に戻る

Page TopPage Top