社員紹介

H.Y

浦和工場
生産管理グループ
[2009年 新卒入社]

社員紹介トップ

お客様が食べる瞬間を
ちょうどお菓子の食べごろに。

生産管理は日報も読むし、天気図も気にするし、
海外のお祭りだって調べる。

生産管理の仕事とは、文字どおり、工場でのお菓子の生産数を決める仕事。そして生産管理としての使命は、大きくふたつあります。ひとつは、店舗のお菓子を絶対に欠品させないことです。お客様が私たちのお菓子を楽しみに来店してくださったのに、売り切れていたら悲しいですよね。お客様の望む商品が、必ず手に入る状態にしておくことが、店舗にとっては必須のことなのです。しかし欠品のないようにと、いつも店舗が在庫を抱えすぎる状態にしてしまったら、どうなるでしょうか。グレープストーンの扱うお菓子は生菓子も多い。賞味期限はそれほど長くないため、生産しすぎてしまえば廃棄処分となるお菓子が発生してしまうことになります。廃棄は社会的にもよくないことですし、私たちも自慢の商品を廃棄にするなんて、絶対にしたくないこと。そういった廃棄処分品を生まないことが、私のふたつ目の使命です。少なすぎても、多すぎても、ダメ。各部署からの情報や世の中の動き、自分の経験など、多くの要素を加味して毎日の生産数を決定しなければなりません。昨年度の同時期の生産量や営業時間後に送られてくる店舗からの売上情報、新商品や新たに出店した店舗も影響しますし、天気や国内外のイベントごとも。多くの情報を読み解き、判断するのが、この仕事の醍醐味でもあります。

社員紹介

社員紹介社員紹介

管理するのは在庫数ではなく、お菓子の食べごろ。

お菓子には、1番おいしい瞬間というものがあると思います。東京ばな奈のようにクリームを使用しているお菓子なら、なるべくつくりたてのフレッシュな状態で。ねんりん家のバームクーヘンのようなしっかりしたお菓子は、製造から数日熟成されてから。賞味期限内ならいつでもおいしいのはもちろんですが、できるだけそれぞれのお菓子が最もおいしいとき、お客様に食べてほしいというのが私の願いなのです。そのために、他部署と販売戦略の打ち合わせを行い、より美味しい状態でお客様に届けられるように生産数量と販売数量の調整を行っている商品もあります。お客様に届く瞬間まで、生産管理が計算するなんて、理想論かもしれません。でもそんな理想だって目指していかなければ、本当においしいと思ってもらえるお菓子にはなれないのだと思います。お客様が何気なく買ったときが、1番のお菓子の食べごろとなれるように。私も売上の変動を読む力を鍛えていかなければなりません。

生産管理職の仕事内容

様々な情報を基に、お菓子の製造・出荷予定個数を決定。各工場や物流担当への指示出しを行う。店舗からの発注状況だけでなく、天候や国内外のイベント、売場の新設、新商品など、様々な状況によってお菓子の売れ行きは左右されるため、多くの情報を処理し、的確な判断をしていく。

社員紹介

キャリアステップ

  • 学生時代
    • 生命・環境科学を専攻。食べることが好きで大学時代から飲食店でのアルバイトを経験。特に甘いものが好きだったことから、お菓子メーカ―への就職を志望する。
  • 2009年
    • 新卒として入社。
      羽田空港店に販売職として配属。
  • 2010年
    • 浦和工場・包装グループへ異動。
      ギフト商品の取り扱いや、箱詰め業務などを行う。
  • 2012年
    • 物流グループへ異動。
  • 2014年
    • 生産管理グループへ異動。
      東京ばな奈ワールド商品全般と、銀のぶどう・鎌倉五郎の一部の商品を担当している。
Page TopPage Top